講師ブログ

2018/07/21

発表会について〜費用は?親の手伝いは?

バレエは発表会にすごくお金がかかるようなので不安、、、

だから子供に習わせたいけど、なかなか一歩踏み出せない。

発表会は親の手伝いがとても大変と聞くけど、どうなんだろう。

 

バレエの舞台を一つ作るのには、多くの人の力が必要です。

大きな会場を借りて、舞台を組み立てる裏方さん、照明さん、音響さん、衣裳を作る方、舞台メイクの仕度をしてくれる方、、、

本当に多くの方の仕事があってはじめて、舞台で踊ることが出来るんです。

スタジオが独自で行う盛大な発表会では、こういったところにかかってくる費用を生徒達が負担していくため、発表会費が高くなるのは、どうしても避けられないことだと思います。

また、親の手伝いも必要で、それがないと発表会が成り立たないようです。ただ、手伝いが大変で、我が子の舞台が観られない!といったケースも。

 

当スタジオでは、独自では発表会を行なっていないので、費用は抑えられています。

骨髄バンク主催のふれあいコンサートという、様々な団体が参加するチャリティー公演に、毎年参加し、それを発表会としています。

大きい舞台(習志野文化ホール・大ホール)で、照明などもきちんと付いて、舞台メイクもし、衣裳を身につけ、本格的なものです。

 

発表会費用は、出演料・振り付け指導料・骨髄バンクへの寄付金・衣裳代(クリーニング代含む)・当日仕度のお手伝いしてくれる方への謝礼など

発表会にかかる諸々の費用全て込みで、子供クラスが¥50000、幼児クラスが¥30000~¥35000です。

小学生高学年以上になり、長い曲をソロで踊る場合は、プラス¥8000前後です。

これ以外に必要になるのが、サテンバレエシューズ(舞台用のバレエシューズ)¥2000程で、各自用意してもらいます。

あとは、写真やDVDなどは、業者さんに依頼し、希望者のみの購入になります。

写真は一枚¥600前後、DVDやブルーレイは一枚¥5000程(全体で頼む枚数により前後します)です。

 

作品は、それぞれ、ソロもしくは少人数で一曲ずつ踊り、最後に全員で一曲踊っています。ですので、一人二曲踊ることになります。

親の手伝いはほとんどありません。

親は我が子の舞台を余裕を持って安心して観る事が出来ます。

衣裳は、アトリエヨシノさんから毎年借りています。どれもとても素敵な衣裳です。

毎年、習志野のふれあいコンサートは10月に行われていましたが、今年は習志野文化ホールが一年間改装工事に入っているため、

次回の開催は来年2月23日になります。よってスタジオの発表会はこの日になります。

発表会の練習は約3ヶ月前からスタートします。

レッスンの中で練習していくため、幼児クラスと子供クラスは基本的には全員参加です。

来年2月の発表会に参加するためには、少なくとも今年の10月初旬頃までにはスタジオに在籍している必要があります。

出場の申し込みや作品の申請をするためです。

 

バレエを習っている子供たちにとって、舞台で踊ることは、必要不可欠なことだと思います。

目標を持って、そこに向かって練習を繰り返し、舞台で踊る。

舞台を終えた後は必ず皆ひとつ成長しています。また次の目標が出来、日ごろのレッスンにも意欲的に取り組めるようになります。

 

私は、生徒達が舞台で踊ることによって、かけがえのない経験をして欲しいと、一番に願っています。

「バレエはお金がかかる」

でも、そこを少しでも抑えて、よい経験をしてもらえるように考えています。

費用だけではありません。「1人1人が主役になれる舞台」を作りたいと思っています。

 

高い発表会費を払って、出番は少なく、大勢で踊っていてどこに出てるのか探さなきゃいけない。手伝いが忙しくて、我が子の舞台姿をろくに見られない。ついでに人間関係までゴタゴタしてくる(狭い世界なのでやはり色々あるようです)。

ついつい親目線で見ると、これってナンセンスではないかなと思ってしまいます。私自身も2人の娘の親なので。

 

バレエの舞台は、踊る子供にとっても、それを応援する家族にとっても、ワクワクと楽しく、本当に素晴らしいものです。

バレエスタジオBelleでは、

「皆が純粋に舞台を楽しめる」

そういった環境を大切にしています。

No.088

IMG_4880

2018/07/18

東京バレエ団 白鳥の湖

6月29日、東京バレエ団の白鳥の湖の全幕公演を観に行きました。

58D5D502-8F62-46E5-B0DD-4168900D54ED

主役のオデット/オディールは、上野水香ちゃん。東京バレエ団に移籍される前の、牧阿佐美バレエ団の先輩で、私がまだバレエ団に入団したての頃に、同じ舞台に立たせて頂いていました。小学生の頃からAMステューデンツのクラスでも大先輩で、小さい頃から素晴らしい存在で、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップを獲得して留学され、世界的なバレエダンサーの方です。

CB595452-B5C9-437B-A8E5-6B68B01FE2B3

今回見たブルメイステル版の白鳥全幕は、今まで自分が牧阿佐美バレヱ団で出演していたテリー版とは、演出や振付、音楽構成などが大きく異なっていて、それもまた楽しめました。特に大きく違ったのが、第三幕で、各国の姫君以外が皆、ロットバルトの手下という設定。また、一番最初にオデットが人間から白鳥に姿を変えられるところや、最後に白鳥から人間に戻るシーンも。

水香ちゃんのオデットはとっても切なく、オディールは非常にかっこよく、本当に美しかったです。感動しました。

白鳥の湖はやはりとても良いです。音楽も大好きです。とは言っても、自分が舞台で踊っている時、白鳥の湖は「好き」というより「大変」なものでした。第二幕のコールドバレエの出の音を聴くと、一気に緊張が高まります。薄暗い舞台に出て行くのはやはり恐かった。ですが、白鳥の一体感や、第四幕の本当に自分が白鳥達の一部になったような感覚は、素晴らしいものだったなーと思い出します。第三幕では、色々踊らせて頂きました。スパニッシュ、チャルダッシュ、マズルカ、各国の姫君、それにオデットの影(水香ちゃんの!)。

終演後には、水香ちゃんにお会いすることも出来ました。

舞台鑑賞、これからも沢山していきたいと思います。生徒も生の舞台を観て、俄然やる気を出したようです。

バレエを習っている方、バレエに興味のある方、是非、生の舞台を鑑賞されることをお勧めします!!

2018/06/12

牧阿佐美バレエ団公演 ライモンダ

6月9日文京シビックホールにて行われた牧阿佐美バレエ団のライモンダ全幕公演を観に行ってきました。

牧阿佐美バレエ団は、私が18の頃から、ダンサーを引退するまで約12年間在籍していたバレエ団で、

私にとっては、本当に様々な経験をさせて頂き、思い出が沢山詰まった、とても大切なバレエ団です。

今回は8年ぶりに仲間たちの踊っている姿を拝見することが出来ました。

ライモンダのこの日の主役は青山季可ちゃん、清瀧千晴君。

キラキラ輝いていて、とても素敵でした。

ぐんと大人っぽくなり、主役のオーラが一段と増していました。

DFA7E81B-7F53-46D9-8856-B952AA5C1F8A2321A3DA-D26F-44C9-8A45-A80CDEB473C6

終演後に楽屋で季可ちゃんに会うことが出来ました。

8A1836C2-0BC6-44E1-BDE9-15917F8B91C4

私が在籍していた時に後輩だった仲間たちもすっかり先輩になり、素晴らしい踊りを見せてくれました。

自分が、こんな仲間たちと一緒に舞台に立っていたなんて、なんて光栄なことだろうと思いました。

ちなみにライモンダは10年ぶりの再演で、10年前のライモンダには自分も出演させて頂いていました。

舞台の空気感や生のオーケストラ、全てが懐かしく、新鮮でした。

10年前のライモンダの公演で踊らせていただいた役の中で最も好きだったのが、

第2幕のサラセン人の踊りで、私は3人のサラセン人のセンターを踊らせて頂きました。

これを踊っている時は本当に楽しくて幸せだったことを思い出しました。

D4B42443-AEC6-4FA6-BE82-16F8E3CC18AABF957AD7-8577-49DF-8ECD-4D588E463603

また、夢の場面のコールドバレエにも出演していましたが、これは本当に過酷でした。

舞台上で、ゲネプロの合間にずっとコールドバレエの練習が行われ、休む間もなく本番になり、

とにかく沢山沢山舞台上で練習していたため、本番を迎える頃には皆身体が勝手に動くようになっていて、

いつが本番だったのかも分からなくなるくらいの高みに達していた(きっと)と思います。

 

自分がダンサーとして舞台に立っていた頃は、ただただ必死に走っていました。

きつい苦しいことも多々ありました。

しかし、今、その頃の自分を客観的に見ると、自分は何て恵まれていたのだろう、幸せだったのだろうと思います。

かけがえのない沢山の経験は一生の財産なんだと思います。

 

スタジオの生徒さん達も、娘達も、バレエを通して、素晴らしい経験を沢山していって欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »